木造注文住宅の職人集団 株式会社Aceのホームページです。

低炭素住宅

  • HOME »
  • 低炭素住宅
低炭素住宅イメージ
低炭素住宅とは、二酸化炭素(CO2)の排出を減らす工夫がなされた住まいのことです。建物に高い断熱性を持たせたり、省エネ型の設備、照明などを採用することにより、光熱費などランニングコストも低く抑えられています。
また「低炭素住宅」に認定された住宅は、住宅ローン減税などの減税メリットも受けられます。

身体(からだ)にやさしい家づくり

低炭素住宅の基準を満たすために、外断熱工法が用いられます。
外断熱工法には、以下のような利点があります。

  • 室温の変動が抑えられ冷暖房の効率が良くなります。
  • 建物内部(部屋間)の温度差が少なく、温度変化による身体が受ける影響が少なくなります。
  • 室内に結露が発生しないため、カビ・ダニの被害が抑えられます。アレルギー予防になります。

また、外気の温度変動による建物の膨張収縮が少ないので、建物の耐久性が高くなります。資産価値も高くなります。

外断熱工法イメージ
PAGETOP
Copyright © 株式会社Ace(エース) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.